1. HOME
  2. 活動報告
  3. イチロー3000安打!

活動報告

Report

イチロー3000安打!

569-1

写真は本日お昼の清和会在京議員昼食会にて、中川秀直先生が挨拶をしているところ。

昼食後、元参議院議長 井上 裕先生の葬儀に青山葬儀所へ。

話は変わってイチローがついに3000安打達成!!

うれしい。どれだけ多くの子供たち(日本人)が夢や希望をもったことか。

今日の産経新聞社説にも書いてあったので掲載します。

「題」イチロー3000安打 努力の積み重ねに拍手を

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(鈴木一朗)が日米通算3000本安打(日本で1278安打)を達成した。日本球界出身者としては、張本勲氏の3085本に次ぐ史上2人目の記録だ。
 
同選手は1992年、ドラフト4位でオリックスに入団後、当時の仰木彬監督らに才能を見いだされて力をつけ、パ・リーグで7年連続首位打者に輝くなど日本を代表する選手に成長した。
 
2001年にメジャー移籍すると、いきなりMVP、首位打者、新人王に輝いた。04年にはシーズン最多記録の262安打で首位打者となり、今季は8年連続200安打に挑戦中だ。
 
変化球で打撃フォームを崩されてもボールをしっかりとらえることができるバットコントロールに加え、持ち前の俊足でヒットの山を築いてきた。
 
いとも簡単に見えるが、磨きあげられた巧みな技術と鍛え抜かれた身体能力があるからこそだ。努力する姿を見せることを嫌うタイプだけに、人知れずバットを振り込む。才能だけで通用するほど、勝負の世界は甘くないことを知り尽くしている。
 
常に「準備を怠るな」と自らに言い聞かせながら試合に臨む。対戦する投手の情報を細かく分析して、イメージトレーニングを重ね、打席に向かう前の屈伸運動で心身ともにリラックスする。準備さえできていれば何事にも対応できる。だからこそ、8年間の大リーグ生活で大きなケガもせず、最高のパフォーマンスをファンに見せ続けられた。
 
こうした努力する姿勢は、スポーツ界にとどまらず、人生を生き抜くなかで挫折感にとらわれやすいとされる日本の若者たちの鑑(かがみ)ともなるはずだ。
 
日本人大リーガーを見渡すと、野茂英雄投手は引退、松井秀喜外野手は故障に泣かされている。毎シーズン、実績を残しているのは「背番号51」のみといっても過言ではない。
 
究極の目標はメジャー3000本安打に置いている。シーズン200本のペースなら6、7年後に達成できる。現在、34歳の年齢からいくと可能性は十分ある。実現すれば、ピート・ローズが持つ4256本の最多記録を日米通算で抜くことになる。
 
努力の人、イチロー選手のさらなる活躍を期待したい。

中根コメント

社説に書いてあったが「こうした努力する姿勢は、スポーツ界にとどまらず、人生を生き抜くなかで挫折感にとらわれやすいとされる日本の若者たちの鏡ともなるはずだ」まさにそのとおりである。
政治の世界は少し複雑だがキムタクさん主演のチェンジのように国民に夢を与える政治を行っていかなくてはいけない。
明日内閣改造と聞いている。
ぜひ、安心・希望の実行内閣。改革加速内閣を期待しています。

最新記事