1. HOME
  2. 活動報告
  3. まさに『陰の首相』

活動報告

Report

まさに『陰の首相』

仙谷由人官房長官が、15日の参院予算委員会で、政府参考人として菅内閣の天下り対策に批判的な答弁をした官僚に対し「彼の将来が傷つき残念だ」と発言した。さすが『陰の首相』といわれている仙谷氏。しかし批判的な意見を述べた官僚だからといって、公衆の面前で恫喝するのは如何でしょうか。人事権の発動を匂わす恫喝には強権政治を感じます。

仙谷氏本人は『陰の首相』と言われるのが嫌らしく、報道陣に「私に対するおちょくりだ。」とカンカンに怒っているらしいですが、言われて当然だと思います。

 

最新記事