1. HOME
  2. 活動報告
  3. ちょっと限界を超えたと思う!?

活動報告

Report

ちょっと限界を超えたと思う!?

関西電力は、定期検査で停止中の原子力発電所について、運転再開のめどが立たないとして、家庭と企業に対し、去年の夏のピーク時に比べて15%程度の節電を求めるとともに、ほかの電力会社への電力の融通を取りやめる方針を示したという。

この15%の根拠については、橋下府知事などいろいろ議論してほしいが、ここではその話はさておき、電力不足の広がりに産業界が大変なことになってきたということについて書く。

昨日、トヨタ自動車の豊田章男社長は「日本でのものづくりが、ちょっと限界を超えたと思う」と危機感を漏らした。つまり円高に加えて電力不足が広がる現状に、企業の生き残りの為に海外に生産拠点を移すしかなくなっていくということである。

震災の影響で、東日本から西日本へ生産や事業を移す他の企業も海外を含めて移転先を再検討しているようだ。

初めは菅首相の独断での浜岡原発停止の要請から始まった。その当時はマスコミが首相の英断と言ったので国民も肯定的に受け止めたが、その影響により定期検査で停止中の原子力発電所について運転再開のめどが立たない。そして今回の関電の他地域への電力融通取りやめ。

 

これから夏本番により全国的に需給ひっ迫する。企業が海外シフトするということは、日本産業が成り立たなくなり、景気や雇用に大変な悪影響を及ぼすことになる。

最新記事