1. HOME
  2. 活動報告
  3. たくさんのご意見をありがとう

活動報告

Report

たくさんのご意見をありがとう

274-1

いろいろな場所で秋祭りが行われている。色々なお話が聞けるチャンスでもある。写真はその時の1コマ

先日、清和研究会の総会で森喜朗元総 理(最高顧問)が石崎先生の「がく論」という本について感動したと述べられていた。その中で「役職に就くと言いたいことの3分の1も言えなくなるから、若 いうちに、インターネットや本などで言いたいことをどんどん言ったほうが良い」とアドバイスをいただいた。

私はブログにて、日々感じた事・言いたい事を、書きたい放題やらせていただいている。後ろ盾ができたということかな。もっと過激に書いても大丈夫かな(笑)

本日は医師不足の対策について書く。

医師不足については、再三にわたりブログでも取り上げている。先日、厚生労働省、医師の派遣規制を大幅に緩和し、都道府県が医師不足対策に必要と認めた病院への派遣を解禁する方針を決めた。
今までは医療関連の労働者派遣は原則禁止で、現在は他の病院に一時的に赴任する場合でも一度退職してから再就職する必要があった。規制緩和後は、公的な仲介があれば派遣を認め、医師不足の病院に赴任しやすい環境をつくる。年内にも実施する方向で進んでいる。
労 働者派遣法では、医師や看護師ら医療業務の人材派遣は禁止されている。そのため、元の病院に在籍したまま、別の病院で勤務することは違反に当たる。(産前 産後や育児、介護中などで休業している医師の代替要員やへき地の病院に勤務する場合に限り例外)。今回は、この例外をさらに拡大する。医療機関からの派遣 の要請を受け、都道府県に設置された医療対策協議会が必要と認めた場合、都道府県内の主要な医療機関から人材を確保して派遣するという仕組みになる。

最新記事