最近、野田総理はじめとする松下政経塾出身の国会議員が目立っている。松下政経塾を創設したのは、経営の神様と言われた松下幸之助氏である。松下氏が訴えていた「無税国家」実現の為、気鋭の政治家を育てるべく開いたのが、この「松下政経塾」であった。

自民党の前衆議院議員である伊藤達也元金融担当大臣もその中の一人。伊藤先生のブログには「知恵なき政治の末路が増税」であることを松下政経塾で教えられたと書いてあった。

そして、いま政経塾出身者の閣僚から、そうしたメッセージが発信されないことを非常に残念に感じると記している。

野田政権は我が国を重税国家へと着実に進めている。

松下氏が生きていたら、どう感じるだろうか。数々の偉業を成し遂げた経営の神様も、良き政治家は育てられなかったのだろうか・・・