317-1

本日も早朝より仕事。午後から夕方まで時間が空いていたので、家族で近くの遊園地に行った。
昨夜も遅く、少し休憩したかったが、子供たちの顔をみるといかないわけには行かなかった。(苦笑)
写真は、生まれて初めてひよこをつかむ長男。妻が撮影。夕方まで家族とともに楽しく過ごす。

今日は上尾市議会議員選挙の投票日。定数8人オーバーの激戦も投票率は非常に低い。夜中に体制が判明する。

中川秀直元幹事長は1日、愛媛県新居浜市で講演し、財政再建に関し「特別会計の過剰な積立金は国民に還元すべきだ。40兆-50兆円は『埋蔵金』があるのではないか」と述べ、外国為替資金特別会計などの運用益の積立金を社会保障費の財源に充てるべきだとの考えを示した。 

先日、党財政改革研究会が11月に発表した中間とりまとめで、特別会計改革を盛り込んだ民主党の財源捻出(ねんしゅつ)案を「埋蔵金はない」と批判した。そのことに中川先生は異を唱えた形だ。
また、中川先生は民主党に対しても「昔の社会党のようなセピア色の対決路線に戻っている」と批判、社会保障の制度設計に関する与野党協議を行うべきだと重ねて求めた。 同感である。