某テレビ番組に橋下大阪市長が出演していました。わかりやすく、的確に訴える橋下節は健在でした。

特に同感したのは「決められない民主主義から決める民主主義に変える」という訴えでした。

橋下さんは、首相公選制と道州制を導入すれば、「決められる民主主義」にできると訴えています。

重要な政策が何一つ決められない国政。決断できない野田首相。

日本の政治に問われているのは、信念をもち物事を決めていく力のあるトップリーダーだとおもいます。