政府が発表した郵政改革法案の最終案がでました。

これについて竹中元郵政民営化担当大臣は郵政法案批判「親方日の丸でやっていくということであり、間違いなく民業圧迫になる」と批判し「既得権益を持つ人や旧郵政省の役人はハッピーだが、国民はアンハッピーだ」と指摘したそうです。

民業が圧迫されては、それこそ日本経済はどうなるのでしょう。郵政改革が逆戻りすることにより昔の国鉄のようになりはしませんか。だとしたら、郵政改革から改悪になっていますよね。そのツケ(巨額の赤字)はすべて国民が負担することになるのです。

いずれにしても、国民にわかるよう、これによりどうなるのか数値(試算)をだして議論することが大切です。

国民が判断できるよう根拠のある試算をだしていただきたい。