出張先の北海道ではノーベル化学賞に輝いた鈴木章(北海道大名誉教授)氏のことで大変盛り上がっていた。その鈴木氏は産経新聞の取材に応じうれしい発言をしてくれたので掲載します。まず、年の事業仕分けで理化学研究所の次世代スーパーコンピューターの予算が削られたことについては「科学や技術の研究はお金がかかる。研究者自身の努力や知識も大切だが、必要なお金は政府がアレンジしなければならない。スーパーコンピューターなどの分野では絶対に必要だ」と政府の積極的な投資に対する理解を求めたという。そして特に、蓮舫発言については「研究は1番でないといけない。“2位ではどうか”などというのは愚問。このようなことを言う人は科学や技術を全く知らない人だ」と厳しく批判している。「科学や技術を阻害するような要因を政治家が作るのは絶対にだめで、日本の首を絞めることになる。1番になろうとしてもなかなかなれないということを、政治家の人たちも理解してほしい」と話す。一方、年間の自然科学系論文数が日本の約1.5倍に達するなど科学技術面でも躍進する中国については「人口が日本の約10倍なら研究者も多い。国の総生産もそうだが、絶対的な量で抜かれるのは当然で、問題は質だ。中国人にも能力の高い人はいるが、そのような研究者が日本の10倍もいるわけではない」と指摘。「もっと心配すべきは日本の質を高めること。それなのに2番目で良いなどというのは論外だ」と蓮舫大臣を重ねて批判したそうだ。

蓮舫大臣。もし、反論できるなら言っていただきたい。

国会議事堂内で数百万円のスーツで撮影している場合ではない